過去の情報

Student Travel Award 2017 募集について(終了しました)

近赤外フォーラムに参加する学生のため費用の一部をサポートするStudent Travel Awardの募集を開始いたしました。
なお、応募は指導教員が行うことになっていますので、ご注意ください。
応募詳細はこちら→ http://jcnirs.org/files/Travel_Award.html
・ 提出期限:2017年 8月31日(木)
・ 結果通知:2017年 9月11日(月)予定

2017 JCNIRS and TAMRDC Joint NIR Workshop in Taiwanのお知らせ(終了しました)

近赤外研究会と台湾農業機械化研究科発センター(Taiwan Agricultural Mechanization Research and Development Center:TAMRDC)との共催で、”2017 JCNIRS and TAMRDC Joint NIR Workshop in Taiwan”と題したワークショップを国立台湾大学にて開催することとなりました。参加費は無料です。詳細につきましては、下記ウェブサイトをご参照ください。
日時:2017年 9月 1日(金)〜2日(土)
 土曜日はPost Workshop Tour
場所:国立台湾大学
詳細: http://140.112.94.138/WordPress/

日本分光学会 第53回夏期セミナー(JASIS併催)のお知らせ(終了しました)

9月6日(水)  近赤外分光法の実際と正しい理解
9月7日(木) PLSを用いた重回帰分析のコツ
場所: 幕張メッセ国際会議場 101会議室(JASIS2017と同時開催)
詳細: http://www.bunkou.or.jp/events/events1/2017/20170329.html

第40回近赤外講習会(初級コース)・第100回食品技術講習会のお知らせ(終了しました)

農研機構食品研究部門主催の講習会を下記の日程で行います。詳細は下記URLをご覧ください。

日時: 2017年 6月22日(木)〜23日(金)
場所: 農研機構食品研究部門(旧食品総合研究所) 管理棟第1会議室
講師:池羽田晶文(農研機構 食品研究部門)
    伊藤秀和(農研機構 食品研究部門)
    蔦 瑞樹(農研機構 食品研究部門)
詳細: http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2017/03/074426.html

第39回近赤外講習会(中・上級コース)・第99回食品技術講習会のお知らせ(終了しました)

農研機構食品研究部門主催の講習会を下記の日程で行います。詳細は下記URLをご覧ください。

日時: 2017年 1月19日(木)、20日(金)
場所: 農研機構食品研究部門(旧食品総合研究所) 管理棟第1会議室
講師:服部 祐介 氏 (武蔵野大学薬学部)
   黒木 信一郎 氏 (神戸大学大学院農学研究科食料共生システム学専攻)
詳細: http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2016/12/072839.html

第4回近赤外講習会 in 鹿児島大学のお知らせ(終了しました)

鹿児島大学主催の講習会を下記の日程で行います。詳細は下記のPDFファイルをご覧ください。

日時: 2017年 2月27日(月)、2月28日(火)
場所: 鹿児島大学農・獣医共通棟 101西側教室
講師:鹿児島大学農学部・特任教授 河野澄夫・他
申込方法等の詳細は開催案内(PDF)を御覧ください。

第2回 近赤外講習会 in 札幌 開催のお知らせ(終了しました)

第2回 近赤外講習会 in 札幌
日時:2016年9月24日(土)13:00〜17:30
場所:北海学園大学 豊平校舎7号館 D50講義室
     札幌市豊平区旭町4丁目1-40(最寄り駅:地下鉄東豊線 学園前駅)
講師:北海学園大学工学部・教授 魚住 純(近赤外研究会 理事)
    北海道大学大学院農学研究院・教授 川村周三(近赤外研究会 理事)
開催案内はこちら

第38回近赤外講習会(初級コース)・第95回食品技術講習会のお知らせ(終了しました)

農研機構食品研究部門主催の講習会を下記の日程で行います。詳細は下記URLをご覧ください。

日時: 2016年 9月 1日(木)、2日(金)
場所: 農研機構食品研究部門(旧食品総合研究所) 管理棟第1会議室
講師:池羽田晶文(農研機構 食品研究部門)
    伊藤秀和(農研機構 食品研究部門)
    蔦 瑞樹(農研機構 食品研究部門)
    吉村正俊(農研機構 食品研究部門)
詳細: http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2016/07/064467.html

第5回アジア近赤外シンポジウム(ANS2016)開催のお知らせ(終了しました)

5th Asian NIR Symposium (ANS2016)
開催時期:2016年11月30日(水)〜12月3日(土)
開催場所:鹿児島大学(ショートコース)、城山観光ホテル(本会議)
発表申込締切:2016年6月30日(木) 7月31日(日)
事前参加登録締切:2016年8月31日(水)
Website: http://ans2016.org/index.html

日台医用分光学国際シンポジウム開催のお知らせ(終了しました)

Japan-Taiwan Medical Spectroscopy International Symposium (JTMSIS),
14th Annual Meeting of the Japan Association of MEdical Spectroscopy

開催時期:2016年12月4日(日)〜12月7日(水)
開催場所:兵庫県立淡路夢舞台国際会議場
発表申込締切:2016年9月30日(金)
事前参加登録締切:2016年9月30日(金)
Website: http://medical-spectroscopy.jp/JTMSIS/

NIR Advance Award 2016候補者募集(終了しました)

近赤外研究会ではNIR Advance Award候補者の募集を開始しました。本賞は、当該年度および過去2〜3年間に報告された近赤外分光法に関する顕著な研究業績(研究論文、学位論文、実用化事例など)を対象とします。相応しい研究業績がありましたら、下記のページから推薦書をダウンロードし、事務局までお送り下さい。
表彰式および受賞講演は、ANS2016(兼第32回近赤外フォーラム)(2016年11月30日〜12月3日、鹿児島)において行います。

・募集締切:2016年6月30日(木)
・詳細は→ こちら

JCNIRS Student Travel Award 2016募集のお知らせ(終了しました)

 ANS2016(兼第32回近赤外フォーラム)(2016年11月30日〜12月3日、鹿児島)へ参加のための申請受け付けを開始いたしました。詳細については下記のリンクをご覧ください。なお、口頭発表のみ対象となりますのでご注意ください。奮ってのご応募をお待ちしております。

・募集締切:2016年6月17日(金)
・詳細は→ こちら

農業食料工学会 食料・食品工学部会シンポジウム 「最新分光計測技術の農業食料工学への応用」(終了しました)

日時:2016年2月22日(月) 13:15 〜 16:45
会場:(公財)東京都中小企業振興公社秋葉原庁舎第1会議室
     〒101-0025東京都千代田区神田佐久間町1-9
     東京都産業労働局秋葉原庁舎 3階
募集人数:100名(定員になり次第締切ります)
URL: https://www.sbms.j-sam.org/modules/events/index.php?content_id=10#eventid72

司会:小関 成樹(北海道大学大学院農学研究院) ,安永円理子(東京大学大学院農学生命科学研究科)
13:15〜13:20 開会挨拶
       川村 周三 氏 (シンポジウム実行委員長,北海道大学大学院農学研究院基盤研究部門  教授)
13:20〜14:05 テラヘルツ波の農業食料工学分野への応用可能性
       小川 雄一 氏 (京都大学大学院農学研究科地域環境科学専攻 准教授)
14:05〜14:50 植物フェノタイピングのための光センシング技術
       亀岡 孝治 氏 (三重大学大学院生物資源学研究科資源循環学専攻 教授)
(20分) 休憩
15:10〜15:55 蛍光指紋による農産物・食品の品質評価・最近の応用事例
       杉山 純一 氏 (農研機構食品総合研究所 食品工学研究領域 ユニット長)
15:55〜16:35 農業・食品研究におけるNMRメタボロミクスの利用
       関山 恭代 氏 (農研機構食品総合研究所 食品分析研究領域 研究員)
16:35〜16:45 閉会挨拶
       豊田 淨彦 氏 (食料・食品工学部会長,神戸大学大学院農学研究科食料共生システム学専攻 教授)

第3回近赤外講習会 in 鹿児島大学(終了しました)

鹿児島大学主催の講習会を下記の日程で行います。詳細は下記のPDFファイルをご覧ください。

日時: 平成28年2月29日(月)〜3月1日(火)
場所: 鹿児島大学農・獣医共通棟 101西側教室
講師:鹿児島大学農学部・教授 河野澄夫(近赤外研究会会長)他
開催案内: NIR-Kagoshima2016.pdf

第37回近赤外講習会(中級・上級コース)・第93回食品技術講習会(終了しました)

食品総合研究所主催の講習会を下記の日程で行います。詳細は下記URLをご覧ください。

日時: 2016年 1月28日(木)、29日(金)
場所: 食品総合研究所 管理棟第1会議室
ゲスト講師:森田成昭氏(大阪電通大)・平良英三氏(琉球大)
URL: http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2015/11/060579.html

日本分光学会近赤外分光部会 第11回 シンポジウムのお知らせ(終了しました)

日本分光学会近赤外分光部会 第11回 シンポジウム
〜近赤外先端機器開発と医・食・住との関わり〜
日時:2016年 1月25日(月)10:20-16:20
場所:名古屋市立大学 桜山キャンパス 医学部研究棟11階講義室A
詳細はこちら: http://www.bunkou.or.jp/events/events1/2016/20160125.html

第31回近赤外フォーラム開催のお知らせ(終了しました)

第31回近赤外フォーラム
会期:2015年11月25日(水)〜27日(金)
会場:筑波大学(国際会議室および総合交流館)
講演募集期間:2015年7月1日(水)〜9月15日(火)
講演要旨投稿期間:2015年9月1日(火)〜10月13日(火)
参加登録期限(早割):2015年9月1日(火)〜10月23日(金)
Website: http://jcnirs.org/NIR2015/index.html

第17回国際近赤外会議(NIR2015)開催のお知らせ(終了しました)

17th International Conference on Near Infared Spectroscopy (NIR2015)
開催時期:2015年10月18日〜23日
開催場所:Foz do Iguassu, Brazil
発表申込締切:2015年4月27日(月)
参加登録締切:2015年7月31日(金)
Website: http://nir2015.com.br/

JCNIRS Student Travel Award 2015募集のお知らせ(終了しました)

 第31回近赤外フォーラム(2015年11月25日〜27日、筑波大)参加のための申請受け付けを開始いたしました。詳細については下記のリンクをご覧ください。なお、今回から口頭発表のみ対象となりますのでご注意ください。奮ってのご応募をお待ちしております。

・詳細は→ こちら

第1回 近赤外講習会 in 札幌 開催のお知らせ(終了しました)

第1回 近赤外講習会 in 札幌

日時:2015年9月26日(土)13:00〜17:30

場所:北海学園大学 豊平校舎7号館 D31講義室
     札幌市豊平区旭町4丁目1-40(最寄り駅:地下鉄東豊線 学園前駅)

講師:北海学園大学工学部・教授 魚住 純(近赤外研究会 理事)
    北海道大学大学院農学研究院・教授 川村周三(近赤外研究会 理事)

開催案内はこちら

日本分光学会 第51回夏期セミナー(JASIS併催)のお知らせ(終了しました)

日本分光学会 第51回夏期セミナー
「近赤外分光法の正しい基礎理解と活用」

日時:2015年9月4日(金) 10:00〜17:00

場所:幕張メッセ国際会議場304会議室(JASIS2015と同時開催)

Website: http://www.bunkou.or.jp/events/events1/2015/20150902-04.html

NIR Advance Award 2015候補者募集(終了しました)

近赤外研究会ではNIR Advance Award候補者の募集を開始しました。本賞は、当該年度および過去2〜3年間に報告された近赤外分光法に関する顕著な研究業績(研究論文、学位論文、実用化事例など)を対象とします。相応しい研究業績がありましたら、下記のページから推薦書をダウンロードし、事務局までお送り下さい。
表彰式および受賞講演は、第31回近赤外フォーラム(2015年11月25日〜27日、筑波大)において行います。

・募集締切:2015年6月30日(火)
・詳細は→ こちら

第36回近赤外講習会(初級コース)・(兼第90回食品技術講習会)のお知らせ(終了しました)

食品総合研究所主催の講習会を下記の日程で行います。詳細は下記URLをご覧ください。

日時: 2015年 6月25日(木)、26日(金)
場所: 食品総合研究所 管理棟第1会議室
講師:池羽田晶文(農研機構 食品総合研究所)
URL: http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2015/04/057212.html

XV Chemometrics in Analytical Chemistry(終了しました)

ケモメトリックスに関する最大の国際会議で、初めてアジアで開催されます。詳細は下記のURLからホームページにてご確認ください。

日時:22-26 June 2015
場所:Changsha,China(湖南省長沙)
URL: http://www.chemosolv.com/cac2015/

第2回 近赤外講習会 in 鹿児島大学(終了しました)

鹿児島大学主催の講習会を下記の日程で行います。詳細は下記PDF文書をご覧ください。

日時: 2015年 2月26日(木)、27日(金)
場所: 鹿児島大学農・獣医共通棟 101西側教室
講師:河野澄夫(鹿児島大学農学部・教授,近赤外研究会 会長)
開催案内: NIR-Kagoshima2015.pdf

第35回近赤外講習会(中級・上級コース)・第88回食品技術講習会(終了しました)

食品総合研究所主催の講習会を下記の日程で行います。詳細は下記URLをご覧ください。

日時: 2015年 1月29日(木)、30日(金)
場所: 食品総合研究所 管理棟第1会議室
ゲスト講師:森田成昭氏(大阪電通大)・平良英三氏(琉球大)
URL: http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2014/11/054890.html

近赤外分光部会 第10回シンポジウム 〜 近赤外分光法の次の10年を考える 〜 (終了しました)

(公社)日本分光学会より恒例の近赤外分光部会シンポジウムの案内が届きました。今回で第10回を迎えます。
詳細は日本分光学会のホームページにてご確認ください。

 日時:2015年 1月26日(月)10:20-16:20
 場所:府中市グリーンプラザ 6階大会議室(東京都府中市府中町1-1-1)
 (京王線,府中駅前)http://www.fuchu-cpf.or.jp/green/
 URL: http://www.bunkou.or.jp/events/events1/2015/20150126.html

第30回記念近赤外フォーラムのお知らせ (終了しました)

次回の近赤外フォーラムは下記の要領にて開催することが決定いたしました。現在、一般講演を募集中です。

会期: 2014年 11月26日(水)〜11月28日(金)
会場: 筑波大学 大学会館
URL: http://jcnirs.org/NIR2014/30th_NIR_Forum.html

講演募集締切:2014年8月31日(日) → 9月16日(火)(延長しました)
講演要旨締切:2014年9月30日(火) → 10月14日(火)(延長しました)
参加登録期限(早割):2014年10月24日(金)

JCNIRS Student Travel Award 募集のお知らせ(終了しました)

 第30回記念近赤外フォーラム(2014年11月26日〜28日、筑波大)参加のための申請受け付けを開始いたしました。詳細については下記のリンクをご覧ください。奮ってのご応募をお待ちしております。

・詳細は→ こちら

17th International Diffuse Reflectance Conference (IDRC2014)(終了しました)

2年にいちどのアメリカの近赤外分光関連の討論会、通称:Chambersburg Meetingが下記のとおり開催されます。Domesticな会議ではありませんので、国籍を問わず誰でも参加できます。

会期: 2014年 8月2日(火)〜8月8日(金)
会場: Wilson College, Chambersburg, Pennsylvania, USA
URL: http://cnirs.clubexpress.com/content.aspx?page_id=22&club_id=409746&module_id=141692

第34回近赤外講習会(初級コース)・(兼第84回食品技術講習会)のお知らせ(終了しました)

食品総合研究所主催の講習会を下記の日程で行います。詳細は下記URLをご覧ください。

日時: 2014年 7月3日(木)、4日(金)
場所: 食品総合研究所 管理棟第1会議室
講師:池羽田晶文(農研機構 食品総合研究所)
URL: http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2014/04/051971.html

NIR Advance Award候補者募集(締め切りました)

近赤外研究会ではNIR Advance Award候補者の募集を開始しました。本賞は、当該年度および過去2〜3年間に報告された近赤外分光法に関する顕著な研究業績(研究論文、学位論文、実用化事例など)を対象とします。相応しい研究業績がありましたら、下記のページから推薦書をダウンロードし、事務局までお送り下さい。
表彰式および受賞講演は、第30回記念近赤外フォーラム(2014年11月26日〜28日、筑波大)において行います。

・募集締切:2014年6月30日(月)(締め切りました)
・詳細は→ こちら

ANS2014 - Asian NIR symposium(終了しました)

偶数年に開催されるアジア近赤外シンポジウムが下記のとおり韓国の大邱(テグ)にて行われる予定です。
参加方法等の詳細については、以下のURLをご覧ください。

会期: 2014年 6月17日(火)〜6月20日(金)
会場: Hotel Inter-Burgo EXCO, Daegu, Korea
講演登録期限:2014年 3月31日
参加登録期限(早割):2014年 4月30日
URL: http://www.ans-2014.org/

尾崎幸洋先生Bomem-Michelson Award受賞のお知らせ

近赤外研究会の前会長の尾崎幸洋教授(関西学院大学)がThe Coblentz Society/ABB協賛のBomem-Michelson Awardを受賞されることになりました。授賞式は2014年3月にシカゴで開催されますPittcon2014内で行われる予定です。

関連ページ: The Coblentz SocietyPittcon2014受賞関係

第1回近赤外講習会 in 鹿児島大学のお知らせ(終了しました)

近赤外研究会現会長の河野澄夫先生が主催する講習会が予定されています。詳細は下記URLをご覧ください。

日時: 2014年 2月27日(木)〜2月28日(金)
場所: 鹿児島大学農・獣医共通棟
URL: http://www.j-sam.org/events/kyushu_NIR2014.pdf (PDFファイル)

第33回近赤外講習会(中級・上級コース)・兼第83回食品技術講習会のお知らせ(終了しました)

恒例の食品総合研究所主催の講習会を下記の日程で行います。詳細は下記URLをご覧ください。

日時: 2014年 1月30日(木)〜1月31日(金)
場所: 食品総合研究所 管理棟第1会議室
ゲスト講師:
 ・片山 詔久 氏 (名古屋市立大学 大学院システム自然科学研究科)
 ・源川 拓磨 氏 (筑波大学 生命環境系)
URL: http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2013/11/049406.html

近赤外分光部会 第9回シンポジウムのお知らせ(終了しました)

(社)日本分光学会より近赤外分光法に関するシンポジウムの案内が届きました。テーマは「装置開発とイメージング」です。詳細は日本分光学会のホームページにてご確認ください。

近赤外分光部会 第9回シンポジウム
 日時:2014年 1月27日(月)10:00-16:45
 場所:大阪電気通信大学駅前キャンパス小ホール
 主題:「近赤外分光の装置開発とイメージング」
 URL: http://www.bunkou.or.jp/events/events1/2014/20140127.html

功労賞受賞者決定

長年近赤外分光法の普及に貢献したものに贈られる「功労賞」を以下のお二方に授与することが決まりました.第29回近赤外フォーラム懇親会会場(2013年11月28日・グランド東雲)において授与式が行われます。
前田 弘氏 元果実非破壊品質研究所(FANTEC)
達林顕一氏 元株式会社ニレコ 

2013年度 JCNIRS Award受賞者決定

厳正な審査の結果、本年度のJCNIRS Award受賞者は韓国,慶北大学(Kyungpook Univ.)の趙来光(Rae-Kwang CHO)教授に決定しました。表彰式および受賞講演は、第29回近赤外フォーラム(2013年11月27日・つくば市)において行われます。

2013年度 Student Travel Award受賞者決

厳正な審査の結果、本年度のStudent Travel Awardは以下の4名に決定しました。おめでとうございます。
加藤秀明(筑波大学)
北村竜之介(名古屋大学)
古川大貴(関西学院大学)
前田有紀奈(大阪府立大学)

NIR Advance Award 2013 受賞者決定

2013年度のNIR Advance Awardは多数の応募の中から厳正な審査を経て、以下の2名に授与されることになりました。

表彰式および受賞講演は、第29回近赤外フォーラム(2013年11月29日・つくば市)において行います。

源川 拓磨氏 (筑波大学生命環境系・助教)
 近赤外・赤外一体型オンライン分光計の開発とその応用

小堀 光氏 (名古屋大学大学院生命農学研究科・博士研究員)
 近赤外画像解析による生物材料のマルチ情報計測

日本分光学会主催 夏期セミナー(JASIS併催)のお知らせ (終了しました)

「近赤外分光法の基礎と活用法」

日時:2013年9月4日(水) 10:00〜17:10

場所:幕張メッセ国際会議場304会議室(JASIS2013と同時開催)

URL:http://www.bunkou.or.jp/events/events1/2013/20130904-06.html

Seventh International Conference on Advanced Vibrational Spectroscopy
(ICAVS-7)のお知らせ (終了しました)

 2013年(平成25年)8月に、以下の国際会議が開催されます。この国際会議は、赤外分光、ラマン分光、近赤外分光、テラヘルツ分光および関連分野の基礎と応用のすべてを対象とし、振動分光では最大級規模の国際会議です。研究成果の報告にも、世界の動向調査にも最適ですので、是非ご参加・ご発表をご検討下さい。

ICAVS-7
主  催:ICAVS-7組織委員会(委員長:尾崎幸洋)
開催時期:2013年8月25日(日)〜30日(金)
開催場所:神戸国際会議場(兵庫県神戸市中央区港島中町6-9-1)
発表申し込み:2012年8月31日〜2013年4月1日
参加申し込み:2012年8月31日〜2013年7月1日(早期申込み)
               〜2013年7月31日
詳  細:ICAVS-7のウェブサイトをご覧ください。
http://www2.convention.co.jp/icavs7/
※ICAVS-7は近赤外研究会協賛行事です。

第16回国際近赤外会議開催のお知らせ(終了しました)

16th International Conference on Near Infared Spectroscopy (NIR2013)
開催時期:2013年6月2日〜7日
開催場所:La Grande-Motte, France
発表申込締切:December 15, 2012年12月15日(土)
Website: http://www.icnirs2013.org/
参照:近赤外関連行事一覧

第32回近赤外講習会(初級コース)のお知らせ(終了しました)

(独)農研機構 食品総合研究所主催の近赤外講習会(初級コース)を以下の日程にて開催します。

・日時: 平成25年6月27日(木)〜6月28日(金)
・場所: 食品総合研究所 管理棟第1会議室

申込方法等の情報は こちら に掲載予定です。

JCNIRS Student Travel Award 募集のお知らせ(終了しました)

 第29回近赤外フォーラム(2013年11月27日〜29日、於つくば市)参加のための申請受け付けを開始いたしました。詳細については下記のリンクをご覧ください。奮ってのご応募をお待ちしております。

・詳細は→ こちら

NIR Advance Award候補者募集 (終了しました)

近赤外研究会ではNIR Advance Award候補者の募集を開始しました。本賞は、当該年度および過去2〜3年間に報告された近赤外分光法に関する顕著な研究業績(研究論文、学位論文、実用化事例など)を対象とします。相応しい研究業績がありましたら、下記のページから推薦書をダウンロードし、事務局までお送り下さい。
表彰式および受賞講演は、第29回近赤外フォーラム(2013年11月27日-29日つくば市)において行います。

・募集締切:2013年6月30日(日)
・詳細は→ こちら

JCNIRS Awardの新設と受賞者について

このたび近赤外研究会は、日本およびアジアの近赤外分光学とそれに関連する分野の進歩に貢献する研究を実施した者に対してJCNIRS Awardを授与することといたしました。栄えある第一回目の受賞者にはカセサート大学(タイ)のWarunee Thanapase氏が選ばれました。第28回近赤外フォーラムにおいて授賞式ならびに受賞講演が予定されています。
詳細はこちら

2012年度 NIR Advance Award 受賞者決定

 2012年度のNIR Advance Awardにも多数の応募がありました。研究業績の厳正な審査を経て、以下の2名に授与されることになりました。那覇市で行われる第28回近赤外フォーラムにおいて、授賞式および受賞講演会が予定されています。

稲垣 哲也氏 (名古屋大学大学院生命農学研究科)
 近赤外分光法による木質系文化財・考古資料材質推定技術の確立

篠田 哲史氏 (大阪市立大学大学院理学研究科)
 近赤外発光pH指示薬としてのイッテルビウム置換トランスフェリンおよびラクトフェリン

第28回近赤外フォーラムのお知らせ (終了しました)

 次回の近赤外フォーラムの日程と開催場所が決定いたしました。なお、今回はオプションとして製糖工場の見学会があります。参加方法等は第28回近赤外フォーラムのホームページ、または当ページにてご案内いたします。

第28回近赤外フォーラム
 日時: 2013年3月6日(水)〜9日(金)
 場所: 沖縄県男女共同参画センターてぃるる
製糖工場見学会
 日時: 2013年3月9日(土)午前
 場所: 沖縄県豊見城市内
第28回近赤外フォーラムHP: http://nir.ac.affrc.go.jp/NIR2012/28th_NIR_Forum.html

おくやみ Tomas Isaksson教授

 Agricultural University of Norway食品科学部のTomas Isaksson教授が2012年7月12日、ノルウェイ アーケシュフースの自宅にて逝去されました(享年61歳)。Isaksson教授はMatforsk (現 Nofima)にて10年にわたり食品を中心とした近赤外法と多変量キャリブレーション技術の開発チームを率い、1996年に現職となられてからも国際的な研究ネットワークを築いてこられました。日本の研究グループとも親交が深く、ケモメトリックスに関する講義を受けた記憶のある人も多いでしょう。
Isaksson教授の訃報に接し、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

第31回近赤外講習会(中級・上級コース)・第77回食品技術講習会 (終了しました)

日時: 平成25年1月24日(木)〜1月25日(金)
場所: 食品総合研究所 管理棟第1会議室
詳しくはこちら

近赤外分光部会 第8回シンポジウムのお知らせ (終了しました)

 (社)日本分光学会より近赤外分光法に関するシンポジウムの案内が届きました。テーマは「環境計測」で、講演内容はリモートセンシング、宇宙環境計測、リサイクル、環境配慮型材料の評価等、多岐にわたる予定です。詳細は日本分光学会のホームページにてご確認ください。

近赤外分光部会 第8回シンポジウム
 日時:2012年12月21日(金)
 場所:名古屋大学野依記念学術交流館
 主題:「環境計測に貢献する近赤外分光研究」
 URL: http://www.bunkou.or.jp/events/events1/2012/20121221.html

JCNIRS Student Travel Award 設立のお知らせ (終了しました)

 近赤外研究会では、近赤外フォーラムで研究発表を希望する学生に対し、旅費等の一部を支援する制度を設けました。旅費(交通費・宿泊費)およびフォーラム参加費(ショートコースおよび本会議)の一部が5万円を限度に支援されます。

現在、第28回近赤外フォーラム参加のための申請を受け付けています。奮ってご応募ください。

・応募資格、応募方法等の詳細はこちら→JCNIRS Student Travel Award 内規

・申請用紙のダウンロードはこちら→http://nir.ac.affrc.go.jp/NIR2012/28th_NIRF_Entry.html

NIR Advance Award候補者募集 (終了しました)

近赤外研究会では現在、NIR Advance Awardの候補者を募集しています。この賞は近赤外分光法に関する研究で、近年著しい業績を残した研究者に与えられます。適任と思われる方がおられましたら、下記のページから推薦書をダウンロードし、事務局までお送り下さい。第28回近赤外フォーラム(沖縄)にて表彰式が行われます。

 募集締切:2012年6月30日(土) → 7月7日(土)まで延長
 詳細はこちら

2012年度近赤外研究会総会報告

2011年11月10日(木)、第27回近赤外フォーラム会場にて2012年度近赤外研究会総会が行われ、以下の内容について報告、承認を得ました。
 1) 2011年度事業報告
 2) 2011年度収支決算・監査報告
 3) 2012年度事業計画
  ・第28回フォーラム(来年度)について
  ・ANS2012対応など
 4) 2012年度予算
 5) 理事会メンバーの一部交代について
  ・副会長就任の件
  ・その他の理事会新メンバー
 6) Karl Norris Awardの国際委員会委譲および新たな賞の創設について
 7) ポスター賞のルールについて
詳しくはこちらのファイルを参照してください。
2012GeneralMeeting.pdf

アジア近赤外シンポジウム(ANS2012)のお知らせ (終了しました)

偶数年に開催されているANC(the Asian Near Infrared Consortium)主催の国際シンポジウム、ANS2012が5月にバンコクにて開催されます。詳しくは下記のホームページをご覧ください。
The Asian Near Infrared Symposium (ANS2012)
日時: 2012年5月14日(月)-18日(金)
場所: Amari Watergate Hotel, Bangkok, Thailand
講演申込期限: 2012年2月15日(水)
事前参加登録: 2012年3月31日(土)
ホームページ:http://www.ans2012.com/

近赤外分光部会 第7回シンポジウムのお知らせ (終了しました)

(社)日本分光学会 近赤外分光部会主催のシンポジウムが下記のとおり開催されます。詳しくは日本分光学会のホームページをご覧ください。
近赤外分光部会 第7回シンポジウム「近赤外分光法の医学・製薬分野への応用」
日時: 2012年1月23日(月)10:00-16:30
場所: 北とぴあ あすかホール(東京都北区王子1-11-1)
参加申込:1月18日(水)まで。(当日参加も可能)
ホームページ:http://www.bunkou.or.jp/events/info20111121.html

第27回近赤外フォーラム終了

2011年11月9日(水)〜11日(金)の日程で開催された第27回近赤外フォーラム(つくば市)は盛会のうちに終了しました。今年はついに200名の大台を超えて204名(うち学生14名)の参加がありました。次回の第28回は2013年3月に沖縄にて開催予定です。

第27回近赤外フォーラム開催のお知らせ (終了しました)

今年も近赤外研究会の主催行事である近赤外フォーラムを開催することになりました。概要は以下のとおりです。また、第27回近赤外フォーラムのホームページも開設いたしましたので、詳細についてはそちらをご覧ください。


第27回近赤外フォーラム

期日:2011年11月9日(水)〜11日(金)
 ・11月9日:ショートコース(講習会)
 ・11月10日〜11日:本会議(口頭講演,ポスター講演,企業プレゼン,機器展示会など)
 ※11月10日には懇親会を予定。
会場:文部科学省研究交流センター(茨城県つくば市)
主催:近赤外研究会
共催:日本分光学会(近赤外分光部会)
主題:近赤外分光法に関する基礎、応用、装置、解析法(ケモメトリックス)などに関する研究討論および機器展示。
講演申込締め切り:7月30日(土)
事前参加登録締め切り:10月17日(月)
参加費(事前登録):全期間:12,000円(6,000円)、本会議のみ:10,000円(5,000円)、ショートコースのみ:8,000円(4,000円)(括弧内は学生)
定員:200名
ホームページhttp://nir.ac.affrc.go.jp/NIR2011/27th_NIR_Forum2011.html

2011 Karl Norris Award 受賞者決定

今年のKarl Norris Award はPeter Flinn氏(Kelspec Servies Pty Ltd., Australia)に贈呈されることが決まりました。第27回近赤外フォーラムにて授賞式および受賞講演会が行われる予定です。

2011 NIR Advance Award 受賞者決定

2011 NIR Advance Award 受賞者が決定いたしました。

森田 成昭氏 (名古屋大学エコトピア科学研究所)
 近赤外レーザーを用いた水分分布の分光可視化技術

作道 章一氏 (琉球大学医学部保健学科生体代謝学分野)
 近赤外分光法を用いた臨床検査技術の開発

第27回近赤外フォーラムにて授賞式および受賞講演会が行われる予定です。

参考:NIR Advance Awardのページ

日本分光学会主催 夏期セミナー(分析展)のお知らせ (終了しました)

「近赤外分光の基礎知識と利用の仕方」

日時:2011年9月8日(木) 10:00〜17:00

場所:幕張メッセ国際会議場304会議室(分析展2011・科学機器展2011と同時開催)

URL:http://www.bunkou.or.jp/news/47seminar.html

2011 NIR Advance Award 候補者募集終了のお知らせ(終了しました)

2011 NIR Advance Award 候補者の募集は予定どおり6月30日をもって終了しました。今年も多数の応募ありがとうございました。なお、受賞者は7月中に当サイト内(こちら)にて発表予定です。

2011 NIR Advance Award 候補者募集のお知らせ(終了しました)

NIR Advance Award は第10回(1994年)非破壊計測シンポジウムから設けられた、近赤外分光法に関する奨励賞です。毎年行われる近赤外フォーラムにて授賞式ならびに受賞講演が行われます。応募締切は6月30日までといたします。

  1. 賞の対象

    本賞は、当該年度および過去2〜3年間に報告された近赤外分光法に関する顕著な 研究業績(研究論文、学位論文、実用化事例など)を対象とします。

  2. 推薦方法

    現在、2011年度の候補者を募集しております。応募用紙に必要事項をご記入の上、 事務局へ電子メールにてお送りください。なお参考資料は必要最小限とし、可能な限り 電子メールに添付してお送りください。

    応募用紙 [Word形式, 128kB]

    メール送付先:jcnirs@naro.affrc.go.jp

  3. 応募締切:  

    2011年6月30日(金) →締め切りました。またのご応募お待ちしております。

NIR2011 in Cape Town(終了しました)

隔年で開催されている国際近赤外分光会議が2011年5月に南アフリカ・ケープタウンにて開催されます。

 15th International Conference on Near Infrared Spectroscopy (NIR2011)
 Date: 13 - 20 May 2011
 Place: Cape Town, South Africa
 URL: http://www.nir2011.org/

第28回近赤外講習会延期のお知らせ(終了しました)

3月24日,25日に予定されていた(独)農研機構 食品総合研究所主催の近赤外講習会は震災の影響から延期されました。

今後の情報はこちらに掲載予定です。

第26回近赤外フォーラム無事終了

2010年12月1日(水)〜3日(金)の期間に文部科学省研究交流センター(茨城県つくば市)にて行われた第26回近赤外フォーラムは無事に終了いたしました。期間中は200名近い方が会場に訪れました。発表者、協賛各社スタッフの皆様をはじめ、ご参加いただいた皆様には感謝を申し上げます。

一日目のショートコース2講座に続き、本会議ではKarl Norris Award受賞講演1件、NIR Advence Award受賞講演2件、基調講演1件、特別講演2件、招待講演3件、一般講演11件、企業プレゼンテーション13件の口頭発表が行われた。また、会期中は近赤外分光機器の展示会も開催され、今回は15社にご出展いただきました。毎回活発な議論が繰り広げられるポスター発表には35件が参加し、この中からBest Poster Awardに資生堂リサーチセンターの江川麻里子さんのご発表が選ばれました

関連記事 → Karl Norris AwardNIR Advance AwardBest Poster Award

来年も同じ会場にて2011年11月9日(水)〜11日(金)の期間に開催予定です。

またのご参加を、心よりお待ちしております。

近赤外研究会ロゴ決定

2010年6月から募集していた近赤外研究会のロゴが決定しました。いくつかご応募いただいたデザインの中から幹事会内で選考を行い、以下を正式なロゴとして採用することが決まりました。デザインをされたのは北海学園大学の魚住純先生で、第26回近赤外フォーラム総会にてお披露目と表彰式が行われました。

  • 「J」から光が発するデザインは日本から世界に向けての情報発信をイメージしています。
  • カラーのラインは上から下へ向かって光の波長がのびていく様を表し、水平のラインが(見えないが)近赤外光を表現しています。

  • グラデーション順序を活かすために、モノクロ版(右)はカラー版(左)とは別に用意されています。

 

情報アーカイブ:近赤外研究会ロゴ

平成21年度近赤外研究会総会

第26回近赤外フォーラム開催期間中に幹事会、理事会を行い、12月2日(木)の総会にて報告を行いました。詳細については以下のページに掲載しています。

情報アーカイブ:近赤外研究会総会資料

日本分光学会 部会シンポジウム →終了しました

毎年1月頃に行っている(社)日本分光学会 近赤外分光部会のシンポジウムが下記のとおり広島で開催されます。今回は新企画として赤外ラマン分光部会との合同開催を試みます。

 (社)日本分光学会 近赤外分光部会・赤外ラマン分光部会 合同シンポジウム
 〜赤外・近赤外分光法により探る凝縮相・表面・バイオプロセス〜
 開催日時:2011年1月28日(金)10:00-16:25
 場所:広島市立大学 講堂小ホール
 申込期日:2011年1月24日(月)(当日申込も可能)

 URL:http://www.bunkou.or.jp/events/info283.html

第26回近赤外フォーラム →終了しました

 開催期日: 2010年12月1日(水)〜3日(金)

 会場: 文部科学省研究交流センター(茨城県つくば市)

 http://nir.ac.affrc.go.jp/NIR2010/26th_NIR_Forum2010.html

NIR Advance Award候補者募集  →終了しました

近赤外研究会では現在、NIR Advance Awardの候補者を募集しています。この賞は近赤外分光法に関する研究で、近年著しい業績を残した研究者に与えられます。適任と思われる方がおられましたら、下記のページから推薦書をダウンロードし、事務局までお送り下さい。第26回近赤外フォーラム(つくば市)にて表彰式が行われます。

 募集締切:2010年7月11日(日)
 詳細はこちら


第26回近赤外講習会(初級コース) →終了しました
  期日: 2010年3月17日(木)〜18日(金)
  場所: (独)農研機構 食品総合研究所
  詳細はこちら: http://nfri.naro.affrc.go.jp/guidance/katsudo/index.html#10-12gatu


The 14th ICNIRS (NIR2009) →終了しました
  期日: 2009年11月 7日(土)〜 8日(日) Short courses
       2009年11月 9日(月)〜13日(金) 本会議
       2009年11月13日(金)〜16日(月) Post-conference tour
  会場: Amari Watergate Hotel & Spa, Bangkok, Thailand
  使用言語: 英語
  公式ホームページ: http://nir2009.iwinglab.net/
  ・口頭発表申込締切: 2009年6月15日(月)まで延長
  ・ポスター発表締切: 2009年8月31日(月)
  ・早割参加申込締切: 2009年8月31日(月) こちらの注意書きを参照してください。
  ・講演プログラムが公開されました。詳しくはこちら

  →日本語ガイドを用意しましたので是非ご覧下さい。
  NIR2009日本語ガイド


近赤外研究会」ロゴマークコンセプトの募集について
 このたび、研究会の更なる発展と近赤外分光法の普及を目的に、ホームページや印刷物で使用するためのロゴマークを作成することにしました。つきましてはロゴマークのコンセプトを募集します。奮ってご応募ください。詳細はこちら。 →締め切りました


第25回近赤外フォーラム →終了しました
 開催期日:2009年5月13日(水)〜15日(金)
 会場:野依記念学術交流館 名古屋大学(名古屋市千種区不老町)


関西学院大学 国際シンポジウム "Frontiers of Near-Infrared Spectroscopy" →終了しました
  期日: 2009年3月14日(土) 10:30〜18:10
  会場:関西学院大学 大阪梅田キャンパス(JR大阪駅、阪急梅田駅から歩いて5分)
  詳しくはこちらを参照してください.


第24回近赤外講習会(初級コース) →終了しました
  期日: 2009年3月18日(水)〜19日(木)
  場所: (独)農研機構 食品総合研究所
  詳しくはこちらへ.


Karl Norris Award・NIR Advance Award候補者募集 →終了しました
 近赤外研究会では現在、Karl Norris AwardおよびNIR Advance Awardの候補者を募集しています。いずれも近赤外分光法に関する研究で著しい業績を残した研究者に与えられます。適任と思われる方がおられましたら、下記のページから推薦書をダウンロードし、事務局までお送り下さい。いずれの賞も第25回近赤外フォーラム(名古屋)にて表彰式が行われます。
  2009 Karl Norris Award 募集締切:2009年1月30日(金) →締め切りました
  2009 NIR Advance Award 募集締切:2009年2月15日(日) →締め切りました


The First Asian NIR Symposium →終了しました
  (第24回近赤外フォーラム合同開催)
  開催期日:2008年11月10日(月)〜14日(水)
  会場:つくば国際会議場(茨城県つくば市)


第23回近赤外フォーラム →終了しました
  開催期日:2007年11月7日(水)〜9日(金)
  会場:文部科学省研究交流センター(茨城県つくば市)


第22回近赤外フォーラム →終了しました
  開催期日:2006年11月8日(水)〜10日(金)
  会場:文部科学省研究交流センター(茨城県つくば市)