第36回近赤外フォーラム | 近赤外研究会(JCNIRS)

新型コロナウイルス感染により亡くなられた方に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、感染された方々の一刻も早いご回復を心よりお祈り申し上げます。

第36回近赤外フォーラム開催案内(11月19日更新)

下記の要領で第36回近赤外フォーラムを開催します。感染症予防の観点から、オンライン配信での開催です。奮って、ご参加いただきますようご案内申し上げます。


近赤外研究会会長 土川 覚

開催概要

会期:
2020年11月24日(火)~26日(木)
会場:
オンライン配信(参加登録・参加費入金後にIDとパスワードを11月20日以降にお知らせします。ショートコースのみ参加の方はこちら。)
主催:
近赤外研究会
共催:
日本分光学会(近赤外分光部会)
主題:
近赤外分光法に関する基礎理論、応用研究、装置開発、または解析法(ケモメトリックス)などに関する研究討論および機器展示。

近赤外国際座談会の開催が決まりました

開催日時:
 2020年11月25日(水)16:00~17:00
登壇者:
 Tom Fearn (UK),Ana Garrido-Varo (Spain),Christian Huck (Austria),Roger Meder (Australia),Hongfu Yuan (China),Nancy Cao (US), Satoru Tsuchikawa (Japan)
※会場には上記の「会場:オンライン配信」からアクセスできます。

おしらせ

2020/10/14

一般講演のポスター発表のみ募集期間を延長しました。

2020/10/01

参加登録を開始しました。

講演要旨登録を開始しました。

2020/09/23

スポンサーの募集期間を延長しました。

2020/08/05

スポンサーの募集を開始しました。

2020/08/03

一般講演の募集を開始しました。

2020/06/10

ホームページを公開しました。


ページトップへ戻る